マイホームづくり

シコウが得意とする木造軸組工法でのマイホームづくりです。

 

   
①敷地

         

  購入、賃貸、定期借地権などでまず土地を確保します。

 

  弊社では、地主様から直接お預かりした物件があります。

  また、関連会社の嶮山開発株式会社では多数の物件をご用意しております。

 

  敷地により建築条件も変わりますので慎重に選びましょう。

  横浜市では、第1種及び第2種低層住居専用地域のうち、容積率が100%以下の地域について、

  最低敷地面積が決まっています。

                    

用途地域 容積率 敷地面積の最低限度

第1種低層住居専用地域
第2種低層住居専用地域

60% 165平方メートル
80% 125平方メートル 
ただし、港北ニュータウン土地区画整理事業施行区域内は165平方メートルの区域があります。
100% 100平方メートル

  弊社の地元、青葉区では第1種,第2種低層住居専用地域が青葉区の面積の49%を占めます。

 

  例えば、第1種低層住居専用地域で容積率80%条件の敷地なら125㎡の土地には100㎡(30坪)

  の家が建ちます。標準 的4LDKというところでしょうか。家族構成、こだわり条件によってはもう少

  し敷地に余裕が欲しいということになります。

 

  このほかに以下のような規制があります。(戸建住宅に関連するものをあげています)

  

    用途地域 : 12種類あり地域ごとに、建物の用途、規模等を規制するもの。

    防火地域 : 建築物の構造を規制し、集団的に火災の延焼を防止しようとする指定地域。

    建ぺい率  :敷地面積に対する建築面積の割合のこと。

    容積率   : 敷地面積に対する延べ床面積の割合のこと。 

    高度地区 : 建物の最低、最高高さを制限する地区。

    斜線制限 : 北側斜線、道路斜線、隣地斜線など建物の高さを制限する。

    外壁後退 : 敷地境界線から建物の外壁距離を制限する。

    宅地造成規制法 :切土2m、盛土1m、切土、盛土合わせて2m、土地の面積500㎡の 

               造成には許可が必要。

  

  

     敷地と道路の関係

 

   意外と見落としがちなのが敷地に面している道路です。建築基準法では、建築基準法上の

  幅員4mの道路に最低2m接道していなければ建築不可の土地になります。近隣の方が日常的

  に使用していてもそれは建築基準法上の道路とはかぎりません。最低2mの接道も一戸建ての

  住宅に限られますので集合住宅等を建てる場合は接道長さ、道路幅員が変わってきます。

  シコウではこれらの法的要件を整理、調査して敷地選びのお手伝いをいたします。

 

 ②設計・見積

  

  土地の見当がついたところで設計打合せに入ります。(土地購入後では遅いです)

  一級建築士が敷地の法的要件を整理し、ご要望をお伺いしてたたき台のプランを作成します。

  あとは打合せを重ねプラン(平面)をまとめていきます。

  プランが一通りまとまったところで、立面図の作成して、ある程度の仕様を決めていきます。

  場合によっては設備機器などのショールームにご案内することもあります。

  仕様が決まりましたら概算のお見積を提出させていただきます。

  仕様・概算見積を詰めていき工事金額が決定いたしましたら、設計・施工の請負契約になります。

  (もちろん、設計業務委託契約、工事請負契約とわけることもできます)

  次は建築確認申請準備になります。

  建築確認申請設計図書作成期間は1ヶ月位いただきます。(平行に進めていることが多いです)

  建築確認申請提出から確認済証が降りてくるまで2週間位かかります。

  この間実施設計図面を作成しますので、場合により打合せをします。

  確認済証が降りればいよいよ着工です。

 

   建築確認申請は、役所又は民間の指定確認検査機関に提出します。

  ケースによりますが、戸建住宅の場合シコウでは指定確認検査機関に審査をお願いすることが

  多いです。この時同時に住宅瑕疵担保履行法の保険にも加入します。 シコウでは財団法人住宅

     保証機構のまもりすまい保険に入ります。

 

③建築工事 

  

シコウの標準的な仕様をご紹介致します。

地盤調査

   ・

地盤改良

通常はスウェーデン

サウンディング試験

行います。傾斜地

など特殊な事情がある

合はボーリング試験

行います。

地盤調査の結果を受

けて、地盤補強を行

います。

   

基礎工事

 鉄筋コンクリート

 べた基礎 

 基礎幅 150

 立ち上り 400

 主筋 D13

 基礎パッキン           

   

屋根工事

  屋根用スレート

 雪止め

 棟換気

 雨樋

   

外壁工事 

 

 窯業系

 サイディング

 厚さ15㎜

 透湿防水シート

 通気工法

   

サッシ工事

 

アルミ製シングル

玄関ドア

 

複層ガラスサッシ

網戸付

1Fシャター付引違窓

       

 断熱材

 工事

断熱材

天井:

グラスウール10Kg ㋐100

壁:

ロックウール40kg ㋐55

床:

グラスウール32Kg ㋐42

      

   
 木工事

通柱 120角

管柱 105角

筋かい45×90

 

木製建具 

         

 

 

 

 

 

 

 内装工事

 

 

天井

 石膏ボード   9.5mm 

 壁

 石膏ボード  12.5mm

   
 

ビニールクロス仕上

 フローリング

 クッションフロア

(水廻り)

   

 

 

 

 

 

 

付属設備

造作工事

 

 

 

 

ユニットバス 1616

 システムキッチン

 L=2550

 

      
 

化粧洗面台

 W=900

 シャワートイレ(1F)

 玄関収納

    
 設備工事   電    気                   コンセント、TV端子、TEL端子

          給排水                   外部流し、散水栓

                       24時間換気システム

                         住宅用火災警報装置

          ガ  ス        オール電化の場合もあります。

                      オプションでガス床暖房がおすすめです。

                        

 外構工事    敷地条件により異なります。  

 

 工期は更地の場合4ヶ月位が一般的です。 建替えなどで既存建物がある場合、解体工事     を伴う ため半年程かかります。家賃とローンの支払いが発生するためなるべく早くお引渡しを

行うよう心が けております。

 

    工事中の現場検査        基礎配筋工事完了時(住宅瑕疵担保履行法)

                    躯体工事完了時(住宅瑕疵担保履行法)

                                            中間検査      (建築基準法)

                    完了検査      (建築基準法)  

 

                  これらの検査を受けてお施主様に引き渡されます。